『仲良し夫婦』『仲良しカップル』のままいつまでも人生100年時代を生きる秘訣

『仲良し夫婦』『仲良しカップル』のままいつまでも人生100年時代を生きる秘訣

あなたは、恋人や結婚相手と満足の行く生活を楽しめていますか?

『長く一緒に過ごしているのに、相手が自分の事を分かってくれないと満たされない気持ちになったり』

『こんなに尽くしているのに、相手はぜんぜん嬉しそうじゃない』

こんな気持ちなることはありませんか?

もし、今のパートナーとの暮らしに少しでも満たされない気持ちがあるのであれば、私の研究している
西洋占星術の知識が役に立つかもしれません。

占星術を応用した、『仲良し夫婦』『仲良しカップル』でいれる秘訣に興味がある方は
このまま記事を読み進めてください。

恋人・結婚相手との生活が満たされない最大の原因

心理占星術の話に入って行く前に、なぜ
恋人や結婚相手との生活が満たされない気持ちになるのか整理して行きましょう。

あなたは何だと思いますか?

お金、ステータス、将来性、性格、顔、スタイルなど色々浮かんでくると思います。

人それぞれ答えはあると思いますが、それは

『理解不足』

にあると思います。

理解不足が原因で起こりうる事例

理解不足が原因でこのような状況になったことはないでしょうか?

・相手の考えていることや気持ちを理解できない。
・自分の思いが伝わらず相手に理解してもらえない
・相手が何を求めているかわからない
・喜ぶだろうと思ってしたことをあまり喜んでもらえない
・なんとなくコミュニケーションが噛み合わない
・地雷を踏んでしまって急に不機嫌な態度を取られた

このような、悩みは理解不足が原因で起こります。

心あたりがまったくないという人は居ないと思います。

理解不足が原因で、あらゆる部分でスレ違いや摩擦が
発生することになります。

パートナーとは、出身地も家族構成も年齢も性別も経歴も
違うもの同士ですので当たり前と言えは当たり前です。

お互いのバックグランドの違いから生まれる価値観の相違
『理解不足』を解消することが重要だと思います。

3つの理解

パートナーとの関係における『理解』には3つのステージがあります。
そのステージとは、『自己理解』『他者理解』『相互理解』の3つです。

自己理解

自己理解とは文字通り、自分を理解する事です。

パートナーを理解する前に、自分自身を深く理解しておく必要があります。

『自分のことは自分が一番よくわかっている』

という人もいると思いますが、

・自分が何を求めているのか
・自分がどうなったら幸せか
・自分の理想の状態はどんなか
・自分の才能や長所は何なのか

を問われるとバシッと言える人は、
意外と少ないのではないしょうか?

よりパートナーとの関係を深いものにしていくためにも
自分の価値観、世界観、人生の優先順位、結婚生活に求めるもの
譲れるもの、譲れないものを改めて認識する必要があります。

自己理解の次は他者を理解するステージに入ります。

他者理解

人は一生ので出会う人数は

何らかの接点を持つ人 30,000人

同じ学校や職場、近所の人  3,000人

親しく会話を持つ人 300人

友人と呼べる人 30人

親友と呼べる人 3人

と言われていいます。

この中の一人があなたのパートナーなったということは
あなたとパートナーには、縁があるにちがいありません。

しかし、この天文学的確率で出会って縁のある人であっても

バックグランドや価値観が違えはあなたとは全く違う生き物と考えた
ほうが相手を理解できるのではないでしょうか。

『自分はこう思っているから感じているから相手も同じだろう』
『同じ人間なんだから、話せばわかりあえるはず』

というような主観的な考えではなく、
自分とは全く違く人間だということを認識したうえで

・この人は何を求めてどんな理想を持っているのだろう
・この人は何で喜んで、どんな楽しみを持っているのだろう
・この人は何で怒るのだろう
・この人は、どんな価値観でどんな優先順位を持っているのだろう

という事を理解することが他者を理解することになります。

他者理解のステージでは、相手の価値観、世界観、理想の状態
優先順位を把握しましょう。

最後の段階が『相互理解』

相互理解

自分が相手の事を理解して相手に合わせることができれば
良好な関係を構築していくことができる可能性は高いです。

ただし、あなたが相手を理解しているのに相手はあなたの事
を理解してくれないという一方通行の関係では長続きしません。

付き合った当初は仲が良く愛し合っていたのに
時間がたつにつれて嫌いになってしまうのは『相互理解』の不足
で一方通行の関係になってしまっていることが原因だと考えられます。

一方通行の愛情表現ではなく、お互いに理解し合い尊重し合うというのが
『相互理解』のステージです。

この状態がパートナーとの関係における理想の状態ではないかと考えられます。

『相互理解』が上手く出来ているカップルは、持ちつ持たれつバランス良く
本当に良い意味で相互依存関係を結んでともてハッピーです。

前置きが長くなりましたが、
この『相互理解』の状態で理想的な相互依存関係を作るのに西洋占星術を応用することが
近道ではないかと私は思います。

それでは、本題に入りましょう。

『占星術』と『星占い』の違い

詳細な話に入る前に、一般的言われている『星占い』と『占星術』の違いを
整理しておきます。

占星術の歴史

占星術は元々、現代でいう天文学や心理学と同じくくりの学問として取り扱われており、
時代とともに形を変えながら受け継がれ続け、その歴史は4,000年近くになります。

それだけの長い期間に渡って生き残り、その時代の賢者が学び、磨け上げてきた
理論の結晶が現代の占星術なのです。

『星占い』は星占いであって『占星術』とは別物

占星術と聞くと、どうしても『星占い』のイメージが先行してしまっています。
なので、『当たる/当たらない』『開運』『ラッキーアイテム』『パワースポット』といった抽象的で曖昧な、スピリチャルな部分が注目され、いわいる『占い』的なイメージを持ってしまうと思います。

しかし、占星術は英語では『Astrology』であり『Astro』星の『logy』理論・学問で、ちゃんとした学問として分類されているのです。

世間一般的に知られている星占い、いわいる12星座占いは、西洋占星術のごく一部を切り取ったものになります。

西洋占星術は情報量が膨大かつ複雑なので、わかりやすく親しみやすいようにシンプルに切り取ったのが12星座占いなのです。

西洋占星術とはプロファイリングツール

西洋占星術とは、何かとを一言で簡単にいうと『人格プロファイリングツール』
と言えるのでないかと思います。

『占い』というよりも、精神分析や資質の判定するツールとして活用することが
実用的でないかと考えられます。

生まれ持った魂のブループリント『ホロスコープ』

世界には、ユングタイプ論、エニアグラム、ウェルスダイナミクス、etc
様々な『人格プロファイリングツール』がありますが、
私は、ホロスコープが一番正確に人の資質や才能を解き明かすツールだと思います。

なぜ、ホロスコープが正確かというと、他の診断ツールでは質問形式のためどうしてもその人の願望や理想が入ってしまい、その時々で診断結果が違うということが盛んに起きます。

しかし、ホロスコープは生まれ持った唯一無二の情報となりますので生まれてから変わることがありません。

ホロスコープってなんやねんって人もいると思いますので説明していきますね。

ホロスコープとは?

こんなやつです、見たことありますかね??

とりあえず作成してみましょう!

下記のサイトで出生情報を入力してみましょう。

さくっとホロスコープ
http://nut.sakura.ne.jp/wheel/report.html

★チャート作成ステップ★

ステップ①

左サイドバーの上に『ハウス』の項目から
真ん中の『プラシーダス』を選択

ステップ②

・生年月日(19〇〇年〇月〇日)
・出生時間(〇〇時〇〇分)
・出生地(都道府県までOK)
をそれぞれ入力

※出生時間は母子手帳記載のものが望ましいです。
※正確な出生時間が不明でも出せますが精度が落ちます
※もし時間がわからない場合はとりあえず12時00分で入力してください。
※海外で生まれた人はグーグルマップで座標を調べて直接入力してください。

ステップ③

作成ボタンをクリック

するとこんな感じのが出てきます。

これがあなたがこの世に生まれた瞬間に刻まれた設計図(ブループリント)です。

このホロスコープから読み取れる情報をもとに資質や才能をみて行くののが
西洋占星術となります。

ホロスコープの莫大な情報量

このホロスコープは、

・天体(惑星)
・サイン(星座)
・ハウス(場所)
・アスペクト(角度)

の4つの要素で構成されています。

これだけ見るとシンプルに見えるかもしれませんが、
天体が10個、星座が12個、ハウスが12個、
アスペクトはメジャーなものだけで5個と、
実際はかなりのボリュームがあります。

全部を見るとなると、情報量が多すぎて
何をみればいいか分からなくなってしまいます。

12星座占いだけだと情報量が少なすぎるし
ホロスコープの情報を全部みると情報量が多すぎ
実用的ではありません。

そこで、私の師匠が考案した理論
人間の資質のコアな部分にフォーカスして読み解くアプローチ
を紹介します。

そして、このアプローチこそ『仲良しカップル』『仲良し夫婦』でいつまでも
暮らせる秘訣となります。

仲良しでいる秘訣『月の欲求を相互に満たす』

元々は、私の師匠が恋愛強者になるために考案したアプローチ法だったのですが
私は、離婚経験や今まで恋愛経験からカップルにもこのアプローチ法を使ってほしいと思い
夫婦やカップルの生活に応用する方法を紹介しています。

このアプローチ方法は、

・太陽星座
・月星座
・ASC

という3つの情報を使います。

これでも、すこし情報量が多く
混乱して面白くなくなってしまう可能性があります。

なので、今回はふたりの中を保つうえで
一番重要な”コア”な部分に焦点をあてて
ラブアプローチを紹介します。

この3つの情報の中で何が一番重要なのか

それは

・月星座

です。

満たすことで幸せになれる月星座の欲求

先程、作成したホロスコープで月を探してみましょう

太陽の下にあるのが月星座となります。
ちなみに、私は〇〇座ですって一般的に言っているのは
太陽星座の事になります。

他の星の情報も書いてあるので気になると思いますが
今回は、月星座にフォーカスしましょう。

月星座が象徴しているものは

『統括的な欲求』

であり、この欲求を満たすことで幸せになれる
モチベーションの権限だと言われています。

ふたりが、いつまでも仲良く暮らす秘訣は月星座にあります
ふたりの『欲求』を理解し満たしあうことで『相互理解』が生まれます。

では、実際にそれぞれの星座が求める欲求のパターンについてみていきましょう。

星座別欲求リスト

♈牡羊座

・思い通りに行動したい
・重要な存在でありたい
・一番になりたい欲求

♉牡牛座

・ありのままの実感を楽しみたい
・安全を維持し、ありのまま、あるべき姿を維持したい欲求

♊双子座

・色々なことを知りたい
・聡明で賢く再起煥発で情報通でありたい欲求

♋蟹座

・心の安定を確保したい
・特に家庭内で感情的な安定を求める欲求

♌獅子座

・他人に尊敬されたい
・尊敬され愛され賞賛されたい欲求

♍乙女座

・他人にとって有能でありたい
・正しく正確で洞察豊かでありたい欲求

♎天秤座

・他人を楽しませたい
・評価され、公平で魅力的で人気者であいたい欲求

♏蠍座

・他人を心理的にコントロールしたい
・動じず深く重要で頼りになり自給能力のある
正しい人を思われたい欲求

♐射手座

・自分の世界観を尊重されたい
・意見を尊重されたい欲求

♑山羊座

・みんなで行う活動を仕切りたい
・進歩を管理し物事を実現したい欲求

♒水瓶座

・みんなで考え社会や集団を改善したい
・重要で唯一無二の特殊な存在であちたい欲求

♓魚座

・みんなと一緒に感じたい
・理想を認識し印象を理解し、形のないものを扱いたい欲求

どうでしょう?

少し抽象的な表現で分かりずらいと思いますので
どのようにしたら『欲求』が満たされるか例を出したいと思います。

欲求を刺激する方法(例)月星座【獅子座】の場合

例では、比較的『欲求』を刺激するのが容易と言われている月星座【獅子座】を
例にとってみましょう。

月星座【獅子座】の欲求は前述したとおり

・他人に尊敬されたい
・尊敬され愛され賞賛されたい欲求

でしたね。

この欲求を刺激して喜ばせたい場合は、

私の資料も言っていましたが、月星座【獅子座】はとりあえず褒めておけば
いいとおっしゃっていました。

獅子座トリガーフレーズ

月星座【獅子座】を喜ばせるフレーズとしては以下の例があります。

・かっこいいですね
・みんな褒めてましたよ
・凄い注目されてますよね
・存在感ありますね
・生まれながらのリーダーって感じですね
・器が大きいですね
・大物ですね
・スターのオーラがありますね
・意外とピュアですよね
・豪快ですね

いかかでしょう。
この記事をみてくれている人の中に、月星座獅子座さんがいれは
言われると嬉しい言葉があったのではないでしょうか?

周りに月星座獅子座さんがいる人はこのような言葉を投げかけてあげみてください。

ついでに月星座獅子座さんがどんな人がタイプを紹介しておきますね。

月星座【獅子座】の好きなタイプ

他人から賞賛されたり尊敬されたいという欲求がある月星座獅子座は
やはりビジュアルにこだわる傾向にあります。

いわゆる、イケメンや美女好きが多く。

イケメン、美女といっても綺麗め感じを好きなる傾向にあるようです。

女性の場合だと、GACKTやhydeなどのビジュアル系バンドにいそうな感じの人
がタイプのようです。

これは、あくまで顕著に表れた場合ですので、やや大げさかもしれませんが
月星座【獅子座】さんは、なんとなく分かるところもあるのではないでしょうか

人それぞれの欲求ポイント

こんなに愛して尽くしているのに、相手が嬉しそうでなかったり振り向いてくれないのは欲求のスレ違いが原因です。

人それぞれで、喜ぶポイントや愛されていると感じるポイントに違いがあるのです。なんとなく褒めたり、尽くしたりしてもスレ違いが広がってしまうのです。

このディープな欲求については、記事を書く予定です。

追伸

↓個人鑑定セッションはこちらから↓