『仲良しカップル』でいるために意識したい2つのエネルギー

『仲良しカップル』でいるために意識したい2つのエネルギー

こんにちは、、

最近は、瞑想が習慣になってきました。
瞑想が習慣になるとインナーチャイルドとつながる事が
出来るらしいですよ。

今日のテーマは、男性エネルギーと女性エネルギーに
ついて、、、

世の中には、様々なタイプ理論が広まっています。
血液型診断、心理機能、エニアグラム、動物占いなど
様々な性格を診断するタイプ理論が存在してます。

このように、世の中にはタイプ理論が氾濫しており
性格診断を活用出来ているというよりは、たくさんの性格診断
がありすぎて、逆に混乱しているひとが多いのではないかと
推測できます。

例えば
B型は明るい性格と出たから、明るく振る舞ってみたり
エニアグラムでは、コミュニケーションが苦手と診断が出て
二つの性格診断で別々の性格が出て混乱した経験はありませんか?

性格診断を活用するつもりが、性格診断に振り回されるという状態
に陥っていることもあるのではないでしょうか。

迷った時には、基本に戻る事で理解が深まってくるのではないかと
と思います。

様々なタイプ論があるなかで基本となっているのは
男性女性というタイプ分けではないでしょうか

男性と女性という概念を分かりやすく書いてある本を要約して落とし
込んで行きたいと思います。

参考図書
・オレンジレッスン 著者 犬飼ターボ
・ベスト・パートナーになるために 著者 ジョン・グレイ

男性エネルギーと女性エネルギー

男性も女性も、男性的なエネルギーと女性的なエネルギーを
持っています。

男性的エネルギーはマーズ
女性的エネルギーはヴィナース
と定義します。

マーズとヴィーナスをバランスよく使う事で、調和をもたらし
成功と幸せを両方手に入れる事が出来る状態になります。

心理学者のジョン・グレイ博士は、男は火星から、女性は金星
からやってきたと定義しました。
地球というのは、異世界からやって来たもの同士が共存共栄して
発展してきた歴史があるのかもしれません。

 

マーズ(男性エネルギー)

マーズ(男性エネルギー)とは与えることで喜びを感じ、自分から
行動を起こす能動的な性質で、外側で何かを実現する外向的な力を持っています。

簡単表現すると

男性エネルギー=”与える”

男性像

一般的に男とは自分から行動を起こしてやり遂げる強さを持ち、社会で
活躍する人です。

男性の欲求

目標を達成し社会で成功したい欲求

男性の性器

男性の性器は、突起物状となっています。これは、与えるために進化した
ものですね。

ヴィーナス(女性エネルギー)

ヴィーナス(女性エネルギー)とは受け取ることで喜びを感じ、
変化を柔軟に受け止める受動的な性質で、内側で自分の気持ちを
感じられる内省的な力を持っています。

簡単表現すると

女性エネルギー=”受け取る”

女性像

優しく感情豊かで柔軟で他人にも心遣いができる人です。

女性の欲求

共感してもらい愛されたいという欲求

女性の性器

女性の性器は、筒状になっています。これは、受け取るために進化した
ものですね。

男性エネルギーと女性エネルギーの調和

魅力のある人間とは、どんな人でしょう

『男性なら、マーズが強く出ている人でしょうか?』
『女性なら、ヴィーナスが強く出ている人でしょうか?』

たしかに、男は男らしく、女は女らしく生きている人は魅力的でありますが
もっと魅力的な人間がいます。
それは、マーズとヴィーナスの特徴を持ち合わせている人間です。

男性であれば、マーズを基本にしながら時にヴィーナスを使う事が出来る人
何かを自分から与えて、自分の外側で実現する”強さ”を芯に持ちながら、
自分の気持ちを理解し、感情表現も上手で他人にも気遣いが出来る人です。

女性であれば、何かしてもらったときに素直に”嬉しい”感情を表現できる受取
上手で、物事に柔軟に対応できて、敏感な感性を芯に持ちながら、
必要なときには自分から外側で実現する力を発揮できる人です。

これが、男性エネルギーと女性エネルギーが”調和”している人です。
こういう人たちは幸せな人生を送りそうですね。

マーズの裏側とヴィーナスの裏側

マーズとヴィーナスの調和が取れず、一方を否定していると裏の面が出てしまい
ます。ヴィーナスを否定するとマーズの裏側が、マーズを否定するとマーズの裏側
が出てしまいます。

マーズの裏側”がまん”

マーズの裏側を”がまん”といいます。がまんの状態では、冷たく攻撃的で競争的
になってしまう特徴があります。

”がまん”が強く出ると、人に気遣いが出来ず自分の欲求ばかり優先して、攻撃的で
競争的な結果主義の冷たい人間になってしまいます。でも、のちほど説明しますが
”くっつき”が出ているよりはビジネスの世界で成功しやすいと言えます。
ただしその反面パートナーシップで上手く行かない可能性があります。ビジネスの
世界で成功していても結婚生活が破綻してしまうのはこのパターンです。

”がまん”の特徴

☑攻撃的で競争的
☑結果主義
☑ステイタスに執着する
☑幸せを感じる事が出来ない

ヴィーナスの裏側”くっつき”

ヴィーナスの裏側を”くっつき”といいます。”くっつき”の状態では、『与えてくれない』
と言って犠牲者になり、受け身になりすぎてしまい、自己否定的になってしまう特徴が
あります。

内側にあるマーズを忘れて、ヴィーナスが強く出ている女性は、人に頼りがちで、自分
を大切にしないで誰かに尽くしてしまうという自己犠牲的的で、何かを実現することが
できない弱く依存的な人間になってしまいます。

”くっつき”の特徴

☑依存的
☑自己犠牲
☑悲劇のヒロイン
☑自信がない

”男エネルギー”と”女性エネルギー”の否定

”がまん””くっつき”の特徴は、男性がヴィーナスを否定したとき、女性がマーズ
を否定した時だけに出るのではありません。男性がマーズを否定したときは“くっつき”
の特徴が、女性がヴィーナスを否定したときは”がまん”の特徴がでます。

”くっつき”が強くでた男性は、犠牲者だと思い込み嫉妬し、いつも受身で自分はダメ
だと人に頼ってばかりという特徴が出ます。

そんな男性は、ひとあたりがよく優しい印象を与え受け入れてもらえますが、セックス
アピールがあまりないため、悲しい事ですが”モテません”。

同じように、ヴィーナスを否定して”がまん”が強くでた女性は、冷たく頑固者で、まるで
内側の感情を感じていなく表現しないような特徴が出ます。”鋼鉄の女”って感じですね
このような女性は、エネルギッシュだけど人の話を聞かない。

競争的で負けず嫌いで頑固人に相談しないで自分で物事を決めて実行していくタイプです。
このタイプの女性は”くっつき”の傾向が強い男性から”モテます”

つまり、強さに憧れた男性にとっては、強さを持った女性は魅力的なんですね、これは
時が立つにつれて尻に敷かれるパターンです。

ヴィーナスを否定すると...

女性がヴィーナスを否定すると、子宮筋腫や子宮癌や乳癌といった女性特有の病気になり
やすいそうです。内なる美を外に表現する事を止めていたり、男顔負けで仕事をバリバリ
していた女性が急に病気になってしまった場合など、そのときは、自分のヴィーナスを
忘れて”がまん”になっていますよというサインとなります。

現代の社会では、社会に出て成功している女性も多く、自分の中にあるヴィーナスを無意識
のうちに否定していることがあるかもしれません。
自分の中にある美しく輝くヴィーナスを認めてあげてくいださい。

”がまん”と”くっつき”からみる相性

”がまん””くっつき”にはある相性の法則があります。
両方の表の特徴を使えている”調和”の状態は誰からも魅力的に感じられます。

”くっつき””がまん”タイプからモテます。なぜかというと、”がまん”タイプ
からみて、”くっつき”タイプは自分の犠牲者になってくれるからです。

主導権は”がまん”が握ります。”くっつき”は経済的にも精神的にも相手に依存しているという
弱みや罪悪感を持っているので、相手に主張出来ず言いなりになってしまい、”がまん”は加害者
”くっつき”は被害者のような関係になります。

幸せな成功とつかむには

マーズを否定していると”くっつき”になって成功出来ません。一生懸命、夢や目標を立てても実現
するのが難しくなります。ヴィーナスを否定していると”がまん”になって成功するかもしれませんが
幸せな成功にはなりません。

バランスを取るためのイメージワーク

①自分のマーズとヴィーナスをイメージする。
男性エネルギー(マーズ)=与える、能動的な性質、実現する外向的な力
女性エネルギー(ヴィーナス)=受け取る、受動的な性質、気持ちを感じる内省的力

②両手を手の平を上にして、目をつぶって、最初にマーズをイメージする。
※どちらの手でも構わない

③もう一方の手の平にヴィーナスをイメージする。

④マーズとヴィーナスを調和させる。両手を合わせて10秒数えて、ゆっくりと手を
開く。

⑤手を開くと調和したマーズとヴィーナスの姿が表れる。それを胸の中に入れて
染みこんでいくのを感じる

どうでしょう??
5分あれば出来る簡単なワークだと思います。イメージを使った抽象的なワークですが
きっと心が穏やかになって”調和”を感じる事ができると思います。

一度騙されたと思ってやってみてください。きっといい気持ちになれるはずです。

↓星座別セックスライフもわかる鑑定セッション↓

 

あなたのパートナーとの関係性を深めるには、この本がおススメです。
↓↓